コストによる請求書作成ツールの選び方

何らかの形でビジネスに携わる個人や団体にとって請求書作成は避けては通れない関門です。

きちんとした企業の形をした団体ならば、請求書作成や管理などの会計事務を専門とする人材や会計課を確保している事は当然でしょう。

また、最近増えてきたSOHOという個人で働く形態においても、請求書作成は欠かせません。

ビジネス上の取引において、どのような形であり入金を促すために請求書を作成して送るのは必須のプロセスなのです。

ただ、誰もが使っている有名な請求書作成ツールを単純に使えば良いというものではありません。

企業が当たり前に使っている専門の会計ソフトならば請求書作成機能も充実していますが、その分高コストでありとても個人営業者には手が届かないでしょう。

そのため、零細企業や中小企業の場合の多くは専門の会計ソフトでは無く、オフィスソフトのエクセルなどで請求書作成ツールの代用としています。

エクセルで請求書など書類を作れるスキルを持った人材を確保できるならば、オフィスソフトはそれ以外にも応用が利くため低コストなのです。

それも請求書作成業務に従事してくれる人材を確保できる企業のみのケースとなります。

SOHOのような個人事業の場合は、独力で請求書を作成し、更には自分で郵送や送信などの手続きをしなくてはなりません。

そんなSOHOや個人事業者を支援するために提供されているのが、ネットでの無料で使えるクラウド型請求書作成ソフトなのです。

組織の規模によって請求書作成業務の負担は大きく変動し、請求書作成ツールにかけるコストは、それぞれの形態に合わせたものを選びましょう。

請求書作成ツールの導入を進める前には、レビューサイトなどを参考にするとよいでしょう。
以下に私のおすすめサイトをひとつ挙げておきます。

おすすめサイト:カンタン請求書作成